一般社団法人 家づくり安心サポート協会

住宅購入にかかるお金

家づくりの一番の勘違いと言って過言でないのが「お金」のこと。

 

Aさんの場合

チラシに書いてある金額で家が建つと思っていました。

「別途工事・付帯工事別途・オプション工事・・・」

様々な言い方でチラシの金額に書いてないお金がかかるなんて。

 

Bさんの場合

土地・建物で○千○百万円だと思っていました。

でも、住宅ローンの諸費用や税金、登記費用・・・。

何だかわからないうちに○百万円も出てきてあっという間に予算オーバーです。

 

家は、「土地」「建物」の金額では手に入りません。

 

土地を買うにも負担金・登記費用・手数料などが掛かりますし、家を建てる時にも手数料・保証料・印紙代・登記費用・不動産取得税・火災保険料など、他にも様々なお金がかかります。

 

それを踏まえずに家づくりを始めると後から・・・、

 

大切なのは、「理由のある全体予算の割り出し」(アパート代と同じくらいとお考えでは、家づくりそのものを失敗する可能性がありますのでご注意ください)と、「全体予算からの逆算」と「全体の資金計画で判断する癖をつけること」の3つがあります。

 

積み上げ式ではお金はいくらあっても足りません。

 

「言っていることはわかるけど具体的にどうすればいいの?」

いつでも、「お近くの家づくり安心サポート協会」のメンバーにご相談下さい。包み隠さず、全ての費用がどれくらいかかるのか、そして、その費用を捻出しても、しっかり安心安全な暮らしが可能かどうか、ご確認させていただきます。